Skip to content

ホームセンターでネジの勉強をしてはどうでしょうか?

部品としてのネジにはどんな種類があるのか

過程で一番よくみかけるのは、オネジでタッピングネジと言われるものです。コンクリート用、鉄用等がありますがドライバーでネジ孔を形成しながらネジこんでいくものです。ネジの径、長さ、材質等によってさまざまな種類のものがあります。次に多いのがミリネジと言われるものでオネジとメネジから成り立ち、径が大きくなるとボルト・ナットと呼ぶことが多いようです。そのほか管用ネジと呼ばれるネジがあります。このネジは水道管やガス管といった管用の接続に用いられます。管用ネジはシールテープや接着剤を付けて接続しますがテーパがついているため管内を流れる液体が漏れないような構造をしていますよ。

ネジを回す工具にはどんなものがありますか?

ネジの頭の形状によって工具は異なってきますよ。頭が十字の場合は十字ドライバーを用い、頭がマイナスの場合はマイナスドライバーを用います。頭が六角の場合はスパナを用います。そのほかラチェットドライバー、各種の電動ドライバー、トルクドライバー等があります。また頭に六角の窪みがある場合は六角レンチを用いて回します。専門業者はたいていの場合充電式の電動ドライバーを持っていますよ。またネジを切る道具としてはオネジを切るダイスやメネジを切るタップという道具があります。管用ネジについてはオスの管用ネジを切る電動の工具を現場に持ち込み、所定の太さと長さの管用ネジを切っていきます。

ホームセンターはネジや工具の宝庫だよ

ホームセンターへ行けばいろんなネジ、手動の工具、電動工具等々が山のように陳列されています。同じネジを探す場合まずは現物を持参し、店員さんに聞きながら購入するのが無難ですが、経験があればノギスで径、流さを計り、その他頭の形状(丸ビス、平ビス)、使用する工具の種類、材質等々を記録し、該当するネジをネジの陳列の中から探すこととなります。またネジは1本単位で購入する場合もありますが、ロットで購入する場合もありますので、ネジ箱で整理・保管しておくのがよいでしょう。いずれにしてもホームセンターこそが先生ですよ。

ねじの販売を行っている通販サイトでは専門店だから可能な品揃えで特殊なタイプのねじも簡単に手に入れることが出来ます。