Skip to content

うつ病の症状が出た時の対処法が難しい|病院に行くのは正しいのか

紛らわしい病院の診療科目

うつ病の症状を感じた時の対処法は難しいことだらけです。熱のように体温計で数値化することができませんし、周囲は辛さを理解してくれるケースが少なく、怠け者と判断されることも考えられます。そうなると容易に打ち明けることもできませんよね。そんな時に、頼りになるのが病院ですが、一体何科で診察してもらえば良いのでしょうか。うつ病を診てくれる診療科目は複数あり、神経科、精神科、心療内科などで診察してもらうことが可能です。

病院に行く時の注意点

ただ、実際に病院に行こうと思った時に、何科を受診するかは迷うところですよね。そんな時には、自宅からの距離で判断すると良いです。うつ病の症状が出ている時は、外出するのも辛くなることが多いです。今よりも症状が重くならないとも言い切れませんから、通院するのが楽な場所に優先して診てもらうことが大切です。病院でも、うつ病かどうかの診断は曖昧な部分がありますから、自分がうつ病だと決めつけずに、とにかく一度診察に行ってみることが大切です。

最初に行った病院が絶対ではない

うつ病の場合、その治療法は多岐にわたります。薬を使う先生もいますし、カウンセリングを重視する先生もいます。うつ病の度合いにもよりますが、薬を使った治療法については、副作用の報告もされており、あまり良い評判はありません。症状が曖昧なこともあり、自分の思っていることを相談できないと思ったら、別の病院へ診察に行くのも一つの選択肢です。最初に行った病院が全てとは思わず、合わなかったら次の病院に行けば良いという気軽な気持ちで行くことが、落ち込んでいるうつ病の時には大切と言えます。

うつ病の症状の初期は憂鬱感や何もするにも手がつかない状態などがあらわれ始めます。他にも食欲がわかない、眠れないなどの症状もあります。