Skip to content

わたし、うつ病かも?知っておきたいうつ病の知識と治療法

聞いたことはあるけど、それって何?うつ病の基礎知識

うつ病という病名を聞いたことがある方も多いかと思いますが、意外に知られていないのが、その具体的な症状や治療法です。増加傾向にもあると言われ、現代人を蝕みだしたうつ病は、その名の通り、うつ状態になってしまう病気です。日々の生活の中で、憂鬱な気分になってしまった経験は、多かれ少なかれ、誰しもありますよね。ただ、健康な人の場合、通常、数日経つと、そのような気分も治り、また元気な気分で過ごすことができるようになるものです。しかし、人によっては、なかなか憂鬱な気分から抜けだすことができず、通常送っているような生活ができなくなってしまうことさえあります。これが、うつ病です。増え続けるうつ病患者。しかし、身近に経験者がいないと、その治療法などを間違った情報で知ってしまっている人もいますよね。他人事と考えずに、病気のことを前もって知っておけば、いざ、自分自身やご家族、お友達がうつ病になってしまっても、落ち着いて対応することができるかもしれませんよ。

セルフチェックは必要?うつ病の診断と判断

うつ病かどうかの診断は、専門の医師による面接により行われます。本人のこと、家族のこと、親しい人たちのこと、また、学校や勤務先のことなど、生活にまつわるさまざまな角度から、その人の、病気や、ストレス、生活環境などを調べ、医師が判断します。体調や病気などが原因で発症することもありますし、精神的なことが原因で発症することもあります。さまざまな要因により発症するうつ病ですが、セルフチェックで、うつ病の可能性を確認することは可能です。たとえば、今まで興味をもっていたことに急に興味がもてなくなったり、やりがいを感じていたことにやる気がもてなくなったりといった意欲の低下も、うつ病の症状のひとつです。また、理由もなく、悲しみや怒り、焦りなどの激しい感情が生まれたり、やたらと自分を責めるようになるなど、不安定な精神状態を見せることもあります。睡眠や食欲に異常をきたしたり、疲れやすくなったり、ひどくなってくると、妄想を起こすようになったり、死にたい感情に駆られることもあります。これらの要因が、一つもしくは、複数あてはまるようだったら、専門の病院で診断してもらうと良いでしょう。

うつ病になったら即入院?知っておきたい正しい治療法

もし、うつ病と思われる症状が、自分に当てはまっているかもしれないと感じたら、専門の病院へ行きましょう。精神科や神経科、心療内科などのある病院へ行くと良いでしょう。うつ病になったら精神的に不安定と思われて入院させられてしまうのではと心配される方もいますよね。しかし、うつ病には、軽度の症状から、重度の症状まで、症状に差があります。だからこそ、まだ症状が軽いうちに、病院でしっかりと治療を受けておくとよいでしょう。治療は、症状の度合いにあわせてさまざまなものがあります。うつ病の要因であるストレスや疲れをとるためにゆっくりとした休養を行うことで改善されることもあります。また、抗うつ薬を中心とした薬物療法を使って治療を行うこともあります。薬による治療の場合には、長期的に様子を見ることになるでしょう。重度であれば、薬物療法と並行して、精神療法も行うことになります。どのような治療を行うにしても、まずは、自分の現在の症状を正確に把握し、専門医によるアドバイスを受けて治療を行うことがよいでしょう。

うつ病の治療は投薬治療だけではなく、カウンセリング治療を行う事によって相乗効果を得る事が出来ますので、早く治療を目指す事が出来ます。