Skip to content

色に注目!それぞれのシーンに適した空間をLEDで演出

LED電球の色は3種類

家庭で使う照明に、LEDを使う機会が増えてきましたが、購入する時、色の違いで悩む人も少なくないのではないでしょうか。LED電球には、電球色、昼白色、昼光色と3つの色があります。このうち、一般的に活躍することが多いのは、電球色と昼白色と言えるでしょう。前者は、文字通り、従来の白熱電球のような色となっており、後者は、白くやわらかい感じの蛍光灯のような色となっています。いずれも、その特色に応じて、適した利用場面が変わってきます。

食卓やリビング向きの電球色

電球色は、全体的にあたたかい感じの雰囲気を演出するのが得意です。くつろぎの色ともいえ、リビングや寝室など、リラックスできる部屋の演出には最適と言えるでしょう。また、電球色が真価を発揮するもう一つの代表的な場所は、食事をするダイニングです。そのあたたかみのある光は、料理をより一層おいしそうに見せる効果があります。特に赤が強調され、お肉料理などはジューシーに見えるのが特徴です。家族との会話も弾み、最高の食卓を演出できますね。

自然でさわやかな色合いの昼白色

昼白色は、電球色に比べ白みのかかった色合いですが、クールな昼光色と比べると、よりナチュラルな色となっているのが特徴です。物の色をよりはっきりと見分けやすくしてくれますので、微妙な違いもわかりやすくなります。特に服を扱う際は、一番自然に近い光でその色がどう見えるかわかりますので、非常に便利です。クローゼットのある部屋には、昼白色がおすすめです。また頭がすっきりとする色でもあり、文字も読みやすい色ですので、書斎や子供部屋などにも向いているでしょう。

LEDライトパネルは普通のアナログのパネル広告と違って様々なパターンで広告掲示が出来ますので、個性があってインパクトある宣伝を行う事が可能です。