Skip to content

知っておきたい!腰痛をラクにするための方法

足腰の疲労を取り去る体操

長時間の労働を強いられる看護や、重い荷物を運ぶ配送業を仕事とする人は、腰から下半身にかけての疲労がたまり、腰痛にもなりやすいですよね。仕事が終わったあとは、緊張をほぐすストレッチで、オーバーワークの体をいたわってあげましょう。はじめに、膝が合わさるように両足をクロスさせ、膝が曲がらないように前屈します。足の裏側がゆっくりと伸びていくのを意識しながら、4秒間姿勢をキープします。これを3回繰り返したら、クロスした足を入れ替えて、同じ秒数と回数でストレッチを行いましょう。

前かがみになりがちな人は「お腹」を伸ばそう!

仕事中ずっと立っている美容師さんなどは、背中を反り返らせて、腰をトントンとたたくことがありますよね。これは、前かがみの姿勢が続いているために出る無意識の行動なんですね。体の空いた時間に、壁を利用して背すじを伸ばしておくと、腰痛も起こりにくくなりますよ。まず、手を伸ばして壁にようやく届くらいの位置に、足を肩幅に広げて立ちます。その姿勢のまま、肩幅よりやや広めに両腕を開き、肩より少し低い位置に手のひらをつけましょう。そこから、お腹を下に落とすと腹筋が伸び、反対に背すじが縮まるのが分かるはずですよ。

ゴルフボールで腰痛もスッキリ!

青竹踏みが健康法として長い人気を誇っているのは、足の裏にたくさんのツボがあるからですよね。この青竹踏みと同じように、足の裏を刺激してくれるのがゴルフボールで、イスに腰掛けたまま足の裏で転がすだけで、腰痛がとれてしまうんですよ。特に腰痛に効果的なツボがあるのが、かかとの部分ですから、裸足になって、ボールをあててコロコロと転がしてみましょう。冷え性が原因で起こる腰痛なら、土踏まずにボールをあてて転がしてみるとよいでしょう。ここは消化器系の不調に効くツボもあるので、一石二鳥ですよ。

交通事故のむちうちの治療は、整骨院でしてもらうと便利です。保険に精通しているところが多く、適切なアドバイスをしてもらうことも可能です。