Skip to content

性病はどうやってかかるの?感染経路と予防法について紹介!

性病の感染経路について

性病は、様々な感染経路で感染することがあります。最も多いのが、セックスです。これは、コンドームをつけずに行為に及ぶことによって感染しやすくなります。元々パートナーが性病を持っている場合と、菌が入ってしまい感染してしまう場合の二つに分けられるのですが、セックスによる感染は前者が多いです。また、クラミジアに関しては、普段生活していても発症することがあり、フローリングや畳のダニやノミが原因とされています。

性病の種類について!

性病にはいくつか種類が存在します。感染してから治るものと、一度感染してしまったら治りにくいものがあります。治るものとしては、クラミジアや淋病が挙げられます。これら二つの特徴は、かゆみが生じることが多く、薬を塗ることによって改善していきます。治りにくいものとしては、HIVや梅毒が挙げられます。こちらは、かゆみも生じますが性器に酷い痛みを感じてしまうために、最悪の場合、病院で手術することになりますよ。

性病に感染しないためにも

性病は、セックスによる感染が大多数を占めているために、セックス時に気をつけることが必要になってきます。まずは、コンドームをつけてセックスをすることです。コンドームは避妊にもなりますが、性病予防にもつながります。他には、常に性器を綺麗に保っておくということが挙げられます。セックスによる感染以外は、ホコリやダニによる感染が多いために、汚れを落としさえしていれば特にかかる心配はありません。性病にかからないためにも、予防が必要ですね。

性病は、主に性的な接触を介して感染するものですが、症状に気付いたら早めに泌尿器科や産婦人科を受診することで後遺症なく治療することができます。