Skip to content

男性の悩みの種?包茎の知識や包茎の手術について

日本男性の6割以上が包茎!?

今回は包茎について紹介します。包茎とは、皮が亀頭に覆いかぶさっている状態のことを指し、その段階によって仮性包茎、真性包茎、カントン包茎などいくつかの種類に分別することができます。真性包茎やカントン包茎の場合、性交渉の際に痛みをともなったり、陰部が腫れてしまったりする恐れがあります。仮性包茎の場合は、正常時でも手で皮を剥くことができるため、恥垢やカスを取り除くなど、自主的にケアを行うことで清潔感を保つことができます。また、日本男性の6割以上がこの仮性包茎であるといわれています。

包茎手術のデメリットとは?

包茎は手術でなおすことができます。鬱血などの危険性や、見た目の悪さから興味があるという人も多いことでしょう。しかし、包茎手術にはいくつかのデメリットがあります。まず、感度が低下してしまうということが挙げられます。包茎の手術で皮を切除することにより、感覚神経に支障をきたし、遅漏気味になる可能性があります。また、特に手術直後は皮をかぶっていた部分と皮の部分の色が鮮明になり、手術跡がはっきりとしてしまうます。夏の日焼けを想像するとわかりやすいことでしょう。しかしこれは時間が解決してくれるため、あまり気にしなくて良いかもしれません。

では包茎手術のメリットとは?

では、包茎手術をすることのメリットは何なのでしょうか?一番大きなメリットは言わずもがな、包茎でなくなることです。見た目がよくなるのはもちろん、皮をかぶっていた部分にたまりがちだった恥垢やカスなどのケアが容易になり、清潔感を保つことができます。また、性交渉の場合、包茎のときに痛みをともなうことがありますが、手術をすることによって解消し、性交渉が強化されるメリットもあります。ほかにも感染症のリスク減少などさまざまな利点が挙げられます。

包茎の男性は、一般的に6割から7割と言われているように、数字的には少なくないので恥ずかしいことはありません。また、手術によって治療も可能です。